所沢牛ミートセンターネット通販|埼玉県所沢市より「幻のブランド牛」の加工・販売|所沢牛ミートセンターネット通販

液体急速凍結機「凍眠」を採用した理由。



職人が捌きたての状態で止めているから「生」よりも高品質。世界が認めた冷凍技術。

所沢牛ステーキ120g×2個

凍結速度は通常の20倍。まるで落ちない鮮度。一般冷凍庫で長期保存が可能。解凍はなんでもOK。
近年、冷凍技術は進化を続け、「生」よりも冷凍の方が鮮度がよく高品質であるという事実は浸透し始めている。急速冷凍機は各社が開発しているが、所沢牛ミートセンターが採用したのは、テクニカン社の「凍眠」という急速冷凍機だ。2018年国連NY本部にて、SDGs推進会議の来賓として同社代表 山田義夫氏が講演。液体凍結技術で高品質の冷凍を実現し、国連が大項目の課題としている「持続可能な開発目標」の実現に向けて貢献する技術に認定。

所沢牛ミートセンターでは、職人が裁いた精肉をその場で真空処理し、「凍眠」で急速冷凍を施します。
生産者→と畜場→所沢牛ミートセンター→職人が捌きすぐに商品化という流れの中で、鮮度管理がここまで徹底されたブランド牛はないのではないだろうか。ちょうど、両氏が獲れたての魚を市場へ走って持っていくという姿に似ている。全ては消費者に美味しく食べてもらうためだ。

「食と人とを笑顔でつなげる」という所沢牛ミートセンターの理念に基づき、ひとつひとつの作業にはmその思いが詰まっています。